旧イマイ宇宙科学シリーズNO.9

サンダーバード スコット (初版)

メーカー 今井科学株式会社
発売年 昭和42年
定価 50円
製品番号 No.727
証紙 A赤 (ITP)
箱寸法(縦×横×高さ) 13.5cm×9cm×3cm
パーツ数 水色(5個)、灰(5個)、肌色(4個)
金具類(ゴム等含む)の数 1個
その他付属品 デカール1枚、接着剤1個
ギミック 手動によりTB1号発射
スコット頭部稼動
(1)
(2)
(3) (4) 参考
(5) (6)
 サンダーバードマスコットシリーズ第1弾のプラモデルであります『サンダーバード スコット』です。TB1号乗組員のスコット・トレーシーのマスコットの横にミニサイズのTB1号が付属してます。スコットとTB1号が載っている台座はプールの形をしています。これはTVでおなじみのプール地下からTB1号が発射される、そのイメージを表しているものと思われます。

 写真4はこのプラモの完成品です。当時の子供が作ったものを譲ってもらったんですが、結構うまくできていますよねー。素組でもプラモ自体の色分けとデカールでそれなりの味が出ています。今でもバネがちゃんと機能していて勢いよくTB1号が発射します。

 さて、このマスコットプラモ(スコット)の説明書は箱裏に直接記載されています。バージル以降は説明書の紙が別に付属していて、箱裏は完成プラモを置く台紙として活用されています。このスコットを発売した後に急遽アイデアが浮かんだんでしょうね(笑)。どうせならスコットも途中からこの形式に変更すれば良かったと思いますがね。
 それと写真1と写真4に箱正面をそれぞれ載せてますが、違いがお分かりでしょうか。そうです、箱の右下に版権表示されていますが、写真1はITP、写真4はAPFとなっています。基本的にはAPFの表記の方が古いと思いますが、証紙は2箱共にITPとなってますからはっきりいってよく解りません・・・。ちなみに、このプラモの発売は昭和42年の前半ということですからITP証紙以外にAPF証紙もあるんじゃないかと個人的に思っているんですが、どうなんでしょう。
  •  オークション見ていたら、実際にAPF証紙の箱が出品されてました。A赤(APF)です。最初期の箱ですね。(2006年7月27日追加記載)